世間のメディア情報を鵜呑みにしてはいけない理由

こんばんは!『ライティング事務所くすの樹』代表ライター、永瀬なみです。
@NagaseNami_08

このサイトを作る前に運営していたブログ、エッセイ・コラム『永瀬節』では、たまにエッセイも書いていました。

いずれはこのサイトだけを残す形になると思うので、お気に入りのエッセイをこちらへ移します。

もちろん、元ブログに掲載中のエッセイを移すだけでなく、新しいエッセイも追加していく予定です。

これまで細々と運営していたブログですが、思い入れのあるブログ。「せめて名前くらいは残したい」と思い、このカテゴリー『永瀬節(エッセイ)』を作りました。

頻度はそう高くないかもしれませんが、たまに想いを綴ります。興味がある話題のときは、読んでいただけるとうれしいです😊

ニュースもコラムも!情報を鵜呑みにしてはいけない理由

今日は、メディア情報を鵜呑みにして良いのか? と、今も変わらぬ私の考えをご紹介します。

今日のエッセイは、エッセイ・コラム『永瀬節』へ掲載していた記事に手を加えたものです。(掲載日2016.09.29)こちらへ移した後、元のブログ記事は削除します。

テレビやネットで話題になることを、すべて鵜呑みにしていませんか?

嘘は載っていないかもしれない。

でも、それが真実のすべてとは限りませんよ。

誰がつくったイメージ?

メディアでは、ついさっきまでチヤホヤされていた人が、あっという間に悪者にされてしまいます。

あまりの豹変ぶりに、「もうワイドショー観るのやめようかな」と思う人もいるのではないでしょうか。

今となっては、すっかり話題にあがることもなくなったあの事件。強姦致傷の容疑で逮捕された芸能人の事件も、報道の直後は相当の騒ぎでしたね。

実は、私はあの親子が大好きで、あの事件を知ったときは「彼がそんなことするワケない!」と言っていました。

私があまりにも信じているので、家族から
「でも本人も認めてるって言ってるじゃん」
「直接この人を知ってるワケじゃないのに、何でそんなに信じられるの?」
と言われて、少し不安になったのを覚えています。

私自身も、メディアがつくり上げた彼のイメージに洗脳されているだけなのかもしれない…と。

氷山の一角

「○○の可能性もある」という報道を、「○○だ」と思い込んでしまう人は多いでしょう。

そもそも、容疑者はあくまで容疑者です。それでも、私たち視聴者は「逮捕された」と聞いた時点で「犯人だ」と認識してしまいます。

また、報道されることが真実のすべてではありません。

たとえば、誘拐事件が起きたときなどは、事件のすべてを報道することが解決の邪魔になることもあるようです。

ニュースの裏側には未公開の情報が隠れているとしても、その報道がすべてだと、まだ捜査中なのだろうと思う人が多いのではないでしょうか。

そう考えていくと、どんな情報も「果たしてどこまで信じて良いのか?」と、分からなくなることがあります。

あの芸能人の一件以来、私はメディアで報道される情報を鵜呑みにするのはやめました。

自分で感じることが大切

もちろん、メディアの情報が役に立つことも多いでしょう。

でも、自分の目で見て、耳で聞いて、体験することも大切だと思いませんか?

聞いたこと、読んだこと、人に言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分が感じたことを大事にして生きていきたいものですね。

関連記事

  1. 私なりに考えて出した結論「エッセイとコラムの違い」

  2. スマホを見てほほ笑む女性

    恋愛コラムが人気を集める理由と永瀬なみが恋愛コラムを書く理由

  3. 褒め言葉が人を傷つけることも…強くてうらやましいなんて言わないで

Copyrighted Image