フリーランスに横のつながりやリアルな付き合いが必要な理由

Photo by Ben Duchac on Unsplash

こんばんは! 代表ライターの永瀬なみです。
@NagaseNami_08

今日は、フリーランスに横のつながりやリアルな付き合いが必要な理由をお伝えします。

先日、ある人から聞いた話にめちゃくちゃ納得したのでブログでお伝えすることにしました。

これからフリーランス仲間を増やしたいと考える人、ネットで仕事を検索することの多い人は、ぜひ参考にしてみてください。

理由1.本物の情報は人から人へしか伝わらないから

フリーランスに横のつながりやリアルな付き合いが必要なのは、横のつながりやリアルな付き合いのある人からしか本物の情報、本当に知りたい情報が回ってこないからです。

私がお話ししたその人(仮にTさんとしましょう)は、「人の本心、心の奥にある本当の部分ってネットには載ってないよね。どこにあると思う?」と言いました。

実際のところ、たとえば
「あのクライアントさんヤバイよ」
「あのライター絶対に納期までに入れてくれないよ」
などの話題ってネットには載っていませんよね。

あるとすれば、クラウドソーシングの評価システムくらいではないでしょうか。

ですが、実際は100人いたら100人がホワイトというワケではないですし、中には地雷クライアントと呼ばれるクライアントや、納期ギリギリになってバックレるクリエイターもいるようです。

また、
「最近はコレがアツイらしい」
「こんなイベントがあるんだけど一緒に行かない?」
など、同じエリアに住んでいるからこそ回ってくる情報もあるでしょう。

フリーランスにとって、こういう情報こそ本当に知りたい情報だと思います。

Tさんいわく、昔は業者さん同士が同じ地域で仕事をしていたので、仕事の合間にお茶をしながらいろんな情報交換をしていたそうです。

それが、今の時代はネット社会。顔を見ることもなく、メールだけでやり取りをして仕事を始めることも増えました。

フリーライターなら、メールだけで仕事を請けることも多いですよね。

そこで起こるのが、相手を見誤ること。

  • こういう人だと思ったのに違った
  • 能力があると思ったのに、そうでもなかった
  • お金を取りっぱぐれた

などは、相手を見誤ることで起こるトラブルの代表です。

今のところ私はまだ未経験ですが、やっぱり怖いなと思います。とくに、支払いに関するトラブルは怖いですよね。

もし私がこんなトラブルに見舞われたら、やっぱり仲の良いライターさんには教えてあげようと思います。

ですが、ネットで仲良くしてくださる大勢のライターさんに教えられる方法って限られていますし、まさかTwitterで相手の実名を流すワケにもいきません。

そうなると、やっぱり直に会ったことのあるライターさんや個別で頻繁に連絡を取っているライターさんにしか教えられないという結論に至ります。

もちろん、ネット上でのお付き合いも楽しいし、有益な情報を教えてもらえることもあるでしょう。

ただ、本当にフリーランスが必要とする情報というのは、やっぱりネット上には転がっていないと思います。

2.仲間ができると孤独から抜け出せる

横のつながりやリアルな付き合いの中で、私が大切にしたいと思うのは仲間です。

いくら横のつながりやリアルな付き合いが必要だとはいえ、信頼関係を築けなければ良い関係はつくれません。

フリーランスが仲間をつくることには、本物の情報を得ること以外にもメリットがあります。

それは、孤独から抜け出せること。

私の言う仲間とは、仕事仲間ではありません。

クライアントさんといくら仲良くなっても、お金でつながる関係である以上、いつか縁が切れるものです。

仕事がきっかけで集まった仲間も同じではないでしょうか。

もちろん、中にはそういうきっかけで知り合った人と仲良くなることもありますが、「仲良くしていないと仕事しづらいから」と仲の良いフリをすることってありますよね。Twitter上の付き合いにも似たところがあるように感じます。

「仕事もらえるかも」という気持ちで仲良くなった相手も同じで、仲間ではありません。付き合っていく中で仕事の話が出ることはあっても、仕事を目的として付き合うのは違います。

付き合ううえでお金が発生しない仲間こそ、フリーランスが大切にすべき仲間です。

また、私の言う仲間は友達ともまた違います。

同じフリーランス、同じライター、同じクリエイターなど、共通の部分があるからこそ分かり合える部分がある。

そんな風に同じ方を向いている同志のことを、仲間と呼ぶのではないでしょうか。

孤独になりがちなフリーランスだからこそ、仲間が必要なのです。

仕事を紹介し合うとかそんなんじゃなく、ただ会って励まし合う、たまには愚痴をこぼし合う。そんな仲間がいたら、孤独なんて感じることはないと思います。

おわりに

私はこれからもっと仲間をつくりたいです。

大勢いなくても良いので、気軽に会える仲間がほしいなと。それが今の1番の願いです。

関西で交流会があれば参加しますし、自分で開催することもあるかもしれません。

気が合いそうだと思った方は、どんどん声をかけてくださいね♪

関連記事

  1. 名刺入れを買いました!フリーランスが名刺入れを選ぶポイント

プロフィール


 
大阪在住フリーライター 永瀬なみ

『ライティング事務所くすの樹』代表。
企画、執筆、取材、SEOライティング、編集を中心に活動している。
中学生の息子をもつ30代のシングルマザー。ちょっと太めで古風なお節介。一言でまとめるなら「しっかり者のアホ」。

 

おすすめ記事 最新の記事
  1. Photo by Ben Duchac on Unsplash
  2. スマホを見てほほ笑む女性
  3. Photo by Galymzhan Abdugalimov on Unsplash
  1. 日光キラキラ麦わら帽子の女性
  2. スマホを見てほほ笑む女性
  3. Photo by Nik Shuliahin on Unsplash

最新のつぶやき

Copyrighted Image