ワードプレスの予約投稿に失敗する人へオススメのプラグイン

こんばんは! 代表ライターの永瀬なみです。
@NagaseNami_08

ブログの予約投稿がうまくいかない人の中には、

ブログ記事をとりあえず下書きで保存しておき、時間になったらワードプレスへログインして投稿ボタンを押す

こんな作業をする人がいます。

忙しい人はとくに、ブログに合わせて行動するのは意外と難しいものです。投稿するタイミングに悩むことで、ブログ運営が億劫(おっくう)になってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、今日はワードプレスの予約投稿がうまくいかない人に試してみてほしいプラグインをご紹介します。

ブログをのぞくと投稿される

私は、この公式サイトとは別にSick Bi Strongというブログを運営しております。(そろそろ更新できる予定です💦)

そちらのブログで以前、予約投稿に失敗しました。

何日か試してみましたが、やっぱり予約の時間になっても投稿されません。

と言うより、私がブログをのぞくまで投稿されないのです。

たとえば、

22時に予約をした → 22時半に覗いてみる → 投稿されていない → なぜ? と不思議に思う → 気づくと投稿されている

こんな感じで、さっき見たときは投稿されてなかった記事が気づいたら投稿されている、ということが何回か起こりました。

「どゆこと???」と思った私は、早速リサーチ!

どうやら、失敗の原因はブログのPVが少ないことのようです。

ブログをSSL化したことが原因になることもあるそうですが、私の場合はブログを覗くと投稿されるのでSSL化が原因ではない様子。

では、予約をしたければPVを増やす以外に方法はないのでしょうか。

プラグインで予約投稿できた!

一度は諦めかけたものの、どうしても予約投稿したかった私はリサーチをさらに続けました。

すると、予約投稿に失敗しないためのプラグインを発見!

2つほど試してみたところ、『Scheduled Post Trigger』というプラグインが簡単だったのでご紹介します。

有効化するだけで準備はOK

Scheduled Post Trigger』は、

プラグイン → 新規追加 → 検索窓に「Scheduled Post Trigger」を入力

という流れで簡単に見つけられます。

このプラグインに設定は必要ありません。有効化をすれば、準備OK👍

あとは、記事を書いて予約をするだけです。

予約投稿に失敗した記事があれば、自動的にチェックして投稿し直してくれます。

その代わりと言ってはなんですが、予約の時間どおりには投稿されません。あくまで予約投稿に失敗した記事を見つけて投稿し直してくれるプラグインですので、予約時間と実際の投稿時間には差が生まれます。

プラグインによるチェックが何分ごとに行われるのかは分かりませんが、このブログの場合は2~15分以内に投稿し直されることが多いようです。

仮に22時に予約をした記事の場合、実際に投稿されるのは22:02~22:15頃でしょう。

時間差が気になる方は、この差を考慮して少し予約の時刻を早めておくと良いと思います。

安心して予約できるようになった

Scheduled Post Trigger』を使い始めてからは、一度も予約投稿に失敗したことがありません。

最初は予約時間にアラームまでセットしてハラハラしていた私も、今は安心できます。

いつもワードプレスの予約投稿に失敗する!! とお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね😊

Copyrighted Image